メンタル関連の体調不良は、なかなか他人に理解されない問題です。
赤の他人に理解されないだけならともかく、本来親身になってくれるはずの家族や上司が、無理解というパターンがあります。
統合失調症、適応障害、うつ病は特に理解され難い体調不良です。
外傷が可視化出来る怪我とは違いますので、たとえ両親や職場の上司相手でも伝わりません。
メンタル関連の病気そのものを否定する人々も珍しくありません。
そんな病気になるお前が悪い、うつ病なんて甘えている人間の言い訳だ、といった酷い言葉を並べて、悩みを抱える人々を叱責する風潮も強いです。
メンタル関連の問題は身近な両親や友達、職場の人間に相談すると、返って酷いアドバイスを受け兼ねません。
デリケートな心理状態の時は、必ずメンタルクリニックを利用しましょう。
現在では横浜にも、統合失調症や適応障害、新型うつ病を相談出来る施設が存在します。
メンタルクリニックは老若男女誰でも気軽に相談出来ますから、年齢や職業、立場などを気にする必要は一切無いです。
むしろ現在では会社役員の人、有名なアーティスト、組織の中管理職の方々など、いわゆる優秀な人々程、そういったメンタルクリニックを利用する傾向が見られます。
横浜の専門医に相談する事は、弱さではありません。
神経の敏感さこそ、人間らしさの証ですから、勇気を持って統合失調症や強迫神経障害の問題を相談しに向かいましょう。